Skip Navigation

Eco facts

エコ概要

グリーンアイランドは本来の島とは違い、サンゴの砂が積もってできた島です。このとても特殊な立地条件下でグリーンアイランドリゾートの建物は島の植物の伐採を最小限に抑え、大きな木などは伐採せずに建物や廊下などの位置を迂回して建てられました。建物の高さも木々の高さより低く設計され、海から島を眺めた場合に自然の外観を損なわないように造られました。

水の供給:グリーンアイランドリゾートには、海水ろ過器が設備され、島の沖合いから海水を引き、ろ過して飲み水やバス、シャワーなどでお使い頂いています。正真正銘の「グレートバリアリーフの名水」がグリーンアイランドリゾートでお飲み頂けます。島の地下水を汲み上げる事は、島の土台となる地下層を保護するために禁じられている他、建物の屋根に雨どいが付けられていないのも同じく島の地下層を守るために必要な事なのです。

汚水処理:自然環境保護に努めるグリーンアイランドリゾートには、独自の汚水処理施設があります。化学薬品を一切使わずに微生物の力で浄化し、浄化水はお手洗いの洗浄水、消火栓水、庭への散水などで再利用しています。

電力発電:グリーンアイランドリゾートには独自の発電施設があり、島での電力を全てまかなっています。発電にはディーセル発電機を4基備えています。発電施設の建物には遮音壁が使われ、島の生き物や島を訪れる人々に一切騒音を与えない作りになっています。

ゴミ管理とリサイクル:グリーンアイランドでの、ゴミやいかなる廃棄物の投棄、埋蔵は一切禁止されています。リゾートや島のゴミ箱からのゴミは全て週に一度の運搬船でケアンズのゴミ処理場へ運ばれています。リゾート内では回収されたゴミの分別が行われてから運搬船にて運び出されています。生ゴミなどは臭いやハエなどの原因になるため、ゴミ専用の大型冷蔵庫に貯められています。

グリーンアイランドリゾートは、アドバンス・エコツーリズムの認証を受けている他、サンゴ礁の上の島に熱帯雨林の茂る特殊な自然環境下でのリゾート管理は世界でも高いレベルにあります。

Eco Facts

Eco Facts